最新情報

2015.03.10

『北海道の伝統を未来へ、世界へ。』

_DSC5183北海道のルーツであるアイヌの伝統『アイヌ文様』。
服飾品や生活を彩るアイヌ文様は先祖代々受け継がれるもので夜空に輝く星のように人や動物、自然など万物を見守り、災害や不幸から護る、未来に御返しする、という想いが込められています。
そんなアイヌ文化を継承したToyToyを中心としたプロジェクト「mina an ikor」。 北海道オフィシャルグッズとしての展開を目指し、その第一弾として大判ストールが生まれました。
日本の伝統工芸品に使われる千代紙で切られたアイヌ文様を巧みに組み合わせ、表情豊かな使い方が楽しめます。

アイヌの言葉でminaは笑顔、ikorは宝物という意味です。『mina an ikor』には「笑顔は宝物である」という意味が込められています。
またロゴデザインにはアイヌ文様で歴史上初の「雪の結晶」文様を採用しました。世界中すべての人々にとって宝物である笑顔を北海道から届けたい、という強い願いが込められています。


大判ストールのカラーバリエーションは3色。
ムスリムの方々へは、ヒジャーブとして北海道観光の際のお土産として開発いたしました。
『mina an ikor』の大判ストールは、3月19日よりキラキラ北海道にて予約受付を開始致します。
http://www.kirakirahokkaido.net/


『mina an ikor』に関しての詳しい情報はこちら
http://jimnyworks.co.jp/pdf/minaanikor0310.pdf